ライトノベル 竹中半兵衛の生存戦略 戦国の世を操る「茶室」の中の英雄たち

皆さん、こんばんは。今日はライトノベル竹中半兵衛生存戦略 戦国の世を操る「茶室」の中の英雄たち』が面白かったので紹介しようかなと。

毎度の事ながら、なろう作品ですけどね。書籍化もされるようで3月23日に発売みたいです。

ncode.syosetu.com

現代のサラリーマンが酔って寝て起きたら、そこは戦国時代!
そして自分は天才軍師、竹中半兵衛
突然の出来事に戸惑う半兵衛の前に、突然現れたノートPCと『茶室』と呼ばれるチャットルーム。
『茶室』には、同じように武将たちになってしまった元・現代日本人たちが居た!
半兵衛は彼らと互いに知恵を出し合い、戦乱の世を生き抜く策を練っていく。

――果たして歴史は変わるか、否か。
竹中半兵衛の生き残りをかけた、生存戦略が始まる!

 

こういう歴史物の作品て歴史好きで詳しい人が 読むとがっかりすることが多いような気がします。実在した歴史上の英雄ってことで違和感があるのかな。私は歴史に詳しくないし興味もないので異世界物と同様な感覚で読んでいるので楽しませてもらっていますが・・・。

憑依物の作品で、知識チートではありますが、茶室での他の英雄達に憑依した仲間?とのコミュニケーションが一番のチートですね。歴史の授業で習った戦国時代を意識せず、突っ込みどころをスルーできる寛容な心の持ち主なら楽しめる作品だと思います。まぁ、突っ込みどころをスルーできない人はライトノベルなんて読まないだろうけどね。

三重県三重郡川越町の高松海岸に行ってきた

皆さん、こんばんは。今日は暖かくて良い天気でしたね。そろそろ潮干狩りのシーズンかなと思い、無料で潮干狩りが出来る三重県の川越町にある朝明川の河口の高松海岸に行ってきました。行ってきたと言っても潮干狩りをやりに行ってきたわけではなく、ただ見に行ってきただけです。日曜日だと人もそれなりにいるだろうし情報も集めやすいですからね。今、高松海岸は霞4号線の工事が行われているのでどんな感じかなと。

 三重県では津の御殿場海岸が無料で潮干狩りができる場所として有名ですが、いかんせん、人が多すぎてあさりあまり採れないしマテ貝も小さい気がするんよね。トイレも駐車場もあるから便利ではあるんだけど・・・。そして家から遠いのでわざわざ下見に行く気にはなれませんからね。

そんな感じなんで家からそんなに遠くない高松海岸に下見に行ってきました。

堤防北側、23号線の朝明大橋北詰を海方面に曲がった方では、あさり、はまぐり、ししびが採れているようでしたが、マテ貝はいないとのこと。

ししびって貝は黒くて厚みの無い砂吐きが悪い貝なんですけど、よく釣りの餌に使われるかな。私も昔、揖斐川でうなぎを釣るとき餌として使ってました。釣り餌屋で買う物より大きいので、ここに採りにきたものです。私の認識でのししびは餌だったのですが、食べると結構美味しいとのことで、地元の人はそれ目当てで来ている人もいました。

私の目的はマテ貝が採れるかどうかなのでマテ貝情報が欲しかったのですが、見ていても採っている人がいない?マテ貝を採っている人はクワを使っていたり、塩を持っていたりしますから、見たらわかりますからね。まぁ、声掛けして聞いていたら少し採れたという人もいて、いるのはいるんだなと。

そして今度は川の四日市方面側に移動したのですが、そちらではマテ貝を採っている人が結構いて、そこそこ採れているようでした。来ていた人の多くははまぐり狙いだったようですけどね。

色々と話を聞いていたら川の名古屋方面側より四日市方面側の方が良さそうです。近いうちにマテ貝を狙いに行ってみようと思います。

 

多くの人が潮干狩りを楽しんでいるなか、おじいちゃん達が面白そうなことをしてました。パラモーターってやつです。背中にエンジン付きのプロペラを担いだパラグライダー?みたいな。

f:id:nekoyan2016:20170312233923j:plain

f:id:nekoyan2016:20170312234054j:plain

わかりにくいかもしれませんが、背中にでかいプロペラ背負ってます。

このパラモーターは地上からも飛び立つことができ、比較的お手軽?に空を飛ぶことができるもの。

なんかスゲー面白そうじゃありません?空飛べるんよ。興味があったら聞くのが一番。おじいちゃん達に声を掛けて色々と話をしていました。潮干狩り情報を聞くより、おじいちゃん達と話をしている方が長かったなぁ。そして、どんな感じかちょっとやってみる?って話になりハーネス付けてパラグライダーで浮く感じを体験させてもらいましたわw死んでしまいますので、当然プロペラは背負っていません。

おじいちゃん達は少し浮かせたかったようですが、私がデブ過ぎてふわっという感じはわかりましたが、浮くことはありませんでしたわ_| ̄|〇

おじいちゃん達も、85kgもあったらあかんわ~とか言ってたし、うん、痩せよう。

 

皆さん70歳以上のおじいちゃん達。話好きで面倒見も良く楽しひと時を過ごさせていただきました。

また会うことがあったら、コーヒーの1つでも差し入れさせてもらおうと思います。

ただ、帰り道車の中で、あれ、落ちたら簡単に死ぬな、そう思うと、パラモーターよりカイトボードの方が安全だなと思いながらもカイトボードは空飛べないから意味ないじゃんと本末転倒なことを考えていた私でした。

それにしても元気なおじいちゃん達でしたわ。将来自分も歳を取ったとき、あのように楽しめる年寄りになりたいなと。でもその前に、まずは痩せることだな。

たま~に食べたくなる滋賀県のご当地パンのサラダパン

皆さん、こんばんは。滋賀県長浜市木之本町にあるパン屋、つるやさんの商品、サラダパン。滋賀県のご当地パンというか木之本のご当地パンというか、どこの言ご当地パンと言ったら良いかわかりませんが、しょっちゅう食べたいとは思わないけど、たまぁ~に食べたくなるんですよね。

 

昔、滋賀県の北の方へバス釣りによく行っていたとき、そこで知り合いになった地元の人が教えてくれたサラダパン。木之本方面に行くときはけっこう買っていた気がします。近頃はバス釣りに行かないので木之本の方へ足を運ぶことがほとんどなくなってしまったので食べる機会がなくなってしまいましたが、この度久しぶりに食べてみたいと思い通販で注文してみました。送料はかかるけど、現地まで行くガソリン代や時間を考えると通販の方がお徳かなと。ただ、現地で釣りの合間に友人と一緒に食べるサラダパンと比べると家で食べるサラダパンは気持ち的にちょっと味気ない気もしますけどね。

f:id:nekoyan2016:20170311221650j:plain

 

ご存知の人もいるかと思いますが、皆さん、サラダパンと言われたら、どんなパンを想像しますか?

名前の通りサラダ系が挟んであるパンをイメージすると思います。私も始めて聞いたときはそう思いましたしね。でもサラダパンの中身は・・・

f:id:nekoyan2016:20170311221814j:plain

ん~写真じゃわからないですかね?実はこの黄色い物はなんと”たくあん”。

そう、サラダパンの中身はたくあんマヨネーズなんです。このたくあんマヨネーズをサラダと言って良いのか微妙な気がしますけど、なんでも発売当初はたくあんではなくキャベツだったらしいです。ただキャベツだと翌日パンがキャベツの水分でふやけてしまい問題になったとか。それでキャベツにかわりたくあんが使われるようになったそうです。私はそのように聞いたのですが、実際は違うかもしれませんけど。まぁ、事実はどうあれロングセラーな商品なんでね、つるやさんもホクホクなことでしょう。

 

たくあんとパンて意外な組み合わせですが、たくあんのシャキシャキした食感がなかなか良い感じ。不味くはないけど、それほど美味くもないですが、素朴な味で懐かしい感じがするので、私はたまに食べたくなるんですよね。

 

次サラダパンを食べるのはいつになるのかわかりませんが、私にとって、なくなって欲しくない商品なのは間違いないかな。