どうでもいいですが、バナナは野菜ですか?

 皆さん、こんにちは。こんな時間にブログの更新をするのは初めて?な管理人です。

 

スイカやメロンは野菜?それとも果物?なんて話題はよくある話ですよね。

まぁ、私としては美味しければ野菜だろうが果物だろうが、どっちでもいいですけど、そこで終わらせてしまうとつぶやきブログになっちゃいますのでちょっと付け足し程度に書いてみますね。

 

ことの発端は職場での会話で、「スイカは野菜ですけど、イチゴはどっちかわかります?」なんて聞かれたので、「野菜だわな」と答えたわけですが、「何で知ってるんですか?」なんて聞いてくるので、「草だから」と。「じゃあ、バナナは?」みたいな話になったわけです。

 

まぁ~、野菜と果物の明確な区別なんてないですけど、基本的な考え方は、それが「草」なのか「木」なのかで区別できるんじゃないかな。

 

家に帰って調べてみたら、農林水産省の回答はこのようになっていました。

野菜と果物(果実)の分類については、はっきりした定義はありません。あるものを野菜に分類するか果物に分類するかは、国によっても違い、日本でも生産・流通・消費などの分野で分類の仕方が異なるものもあります。生産分野においては、一般的に次の特性を持つ植物が野菜とされています。

  1. 田畑に栽培されること(栽培されていない山菜などは野菜と区別することが多い)
  2. 副食物であること
  3. 加工を前提としないこと(こんにゃくのような加工を前提とするものは野菜としていない。漬物のように原料形質がはっきり残っているものや家庭における簡易加工は加工に含まない)
  4. 草本性であること

 しかし、どの定義も確固たるものではありません。 また、農林水産省では、果実を、生産や出荷の統計をとる上で果樹として分類しています。この果樹は、木本性などの永年作物のことをいいます。なお、いちご、メロン、すいかなどは野菜に分類されますが、果実的な利用をすることから果実的野菜として扱っています。

 

で、今日の私の記事、「バナナは野菜?」なんですが、バナナは「草なの?」「果樹(木)なの?」かが問題になってきますね。

 

では、草と木の違いってわかりますか?

植物学の世界では「本質的な違いはない」とされているようですが、木には形成層があって年々幹が太くなる(年輪ができる)のに対して、草には形成層がなくある程度成長したら太くならない(年輪がない)とのこと。

 

バナナには年輪はありません。あの木のように見える部分は葉が重なり合っているだけなんです。

そう、バナナは「木」ではなく「草」なんです

てことは、バナナは・・・「野菜?」・・・になりますね。

 

しか~し、「へ~、バナナは野菜なのか、知らんかったわ~、明日自慢しよっと」なんて思わないでください。

確かにバナナは「草」です。でも「多年草」なんです。

農林水産省では、概ね2年以上栽培する草本植物及び木本植物であって、果実を食用とするものを「果樹」として取り扱っています。

 

概ね2年以上栽培する草本植物及び木本植物・・・バナナは多年草・・・果樹として扱う・・・果物・・・。

 

バナナは草なので野菜かと思っていましたけど、やっぱりバナナは果物でしたわw

バナナは草ですけど果物。

ちなみにパイナップルも草ですけど、果物です。

 

・・・

・・・

・・・

 

なんなんだ、この記事・・・バナナが野菜だったら意外性もあって多少面白かったかもしれんのに、大多数の人が思っているとおり、バナナは果物じゃん・・・。

それに付け足し程度に書くつもりだったのに・・・長いよ!

だらだらと書いたけど、ほんとどうでもいい記事になってしまいました・・・┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

いつもどうでもいいことしか書いてないブログなんで、まぁ、いいかな。

 

なお、ネット上では、「果物だ」「野菜だ」と意見は分かれていますが、農林水産省でのバナナ、パイナップルの分類は「果樹扱い」であり「果物」です。 確認したので間違いありませんからね。

 

ではでは、このへんで。