ナンパ・・・懐かしいな

毎日ブログを更新している人って凄いなと。ネタ不足にならないのかなといつも思います。ニュースをネタにしてるブログはネタに困ることはないと思いますが、日記系のブログなんて、ほんとそう思います。

で、私なんですが、ネタに困ること?当然ありますよ。でも、ネタが無ければ無理して書かないし面倒でも書かないのが私のスタイルですからね。

ただ、他のブログをみて、あぁ~、このネタ貰っちゃおと思うことは多々あるわけです。内容をリライトするわけでもないので、まぁ、良いかなと。悪い言い方をすれば、ネタ泥棒ですが、参考にさせてもらってると言えば、あら、不思議。何か良さげに聞こえてくるじゃないですか。

と、言うことで、今日はネタ泥棒参考にさせてもらったネタでの投稿です。

 

motukori.hatenablog.com

 

こちら、モツコリさんのブログなんですが、これを読んで、あぁ~、ナンパかぁ~。懐かしいなと。

携帯電話が普及していない時代は、同じ学校以外の出会いって誰かの紹介かナンパしかなかったわけです。誰かの紹介と言ってもそんなにネットワークがあるわけでもなく、当時の工業高校では彼女がいる奴の方が少なかったし、女慣れしてない奴がほとんど。そんな中で紹介なんて不可能に近かったし、紹介されても、ヤンキー?みたいな女の子が多かったような気がします。私、ヤンキーの子より真面目な子が好きなわけで、ヤンキーの子紹介されても嬉しくないし・・・。ってことで、出会いを求めるとナンパになっていたわけです。まぁ、ナンパされる子が真面目かどうかは微妙なところですけど・・・。

 

海で声を掛け、スキー場で声を掛け、ゲーセンで声を掛け、ショッピングモールで声を掛け、機会さえあれば声を掛けていた気がします。ただ、地元では悪い評判が立つと嫌なんであまりやらなかったなぁ。

 

そんなナンパの成功率?そんなもんめちゃくちゃ悪いですよ。そもそも知らない男達について来るのが異常なことなわけで、ナンパなんて失敗して当たり前の世界です。顔面偏差値が高ければ別かもしれませんが、一かごなんぼの人間がナンパするんですから、言わずもがなです。

そういえば、海で「みんなでボート乗らね?」と声を掛けたら「死ぬもん」と言われたこともあったなぁ~。

 

ナンパを成功させるコツはどんなに断られても心折れず声を掛け続けること。それ以外にないんじゃないかな。10人に声を掛けてもダメなら100人に声を掛ければ良い。それでもダメなら200人に・・・。という感じですね。掛け続ければそのうち引っかかります。めげずに頑張りましょう。

でも、しつこいのは絶対ダメですからね。

 

海とかスキー場などの観光地では成功率が高かった気がしますので、積極的に声を掛けるのも良いかも。ただナンパする前に、その出た腹とガリガリのその身体何とかしましょうね。

 

社会人になって車と携帯を手に入れてからは、名刺を配り歩く営業マンみたいに携帯番号のメモを渡していたこともありましたね。その場では断られても後で電話してきてくれる子もいたしね。結構有効な手だと思ってましたけど、今思うとちょっと怖いことしてたなと。

 

そうそう夏が終わり賑わいが去った後の海で、1人でいる女の子をナンパするときは、手首に包帯を巻いている子とかいるんで注意してね。やり~、ナンパ成功?なんて思っていたら、話重いし手首に包帯巻いてるし怖よ~。なんてこともありますから。

ただ、賑わいが去った後の海でのナンパは成功率悪くなかったですよ。だだ、傷心の女の子が多いのか、さっき言ったみたいに話が重いことが多かったです。ハイ。

 

SNS中心の世の中ですが、ナンパも有効な出会いの手段だと思うけど、どうだろう。

出会いを求める若者達よ、ナンパ頑張ってください。おっさんの私は・・・もういいわ。

 

ではでは。

 

あっ、モツコリさん、勝手にブログ紹介しちゃいましたが、不都合がありましたら、リンク外しますので、ご連絡ください。