読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amazonプライムビデオで「トイレのピエタ」を観てみた

皆さん、こんばんは。

今日は暇つぶしに、Amazonプライムビデオで「トイレのピエタ」を観てみました。

無意味にただ生きているだけの生活していた青年が、余命3カ月と告げられ、出会った女子高生や他の患者や家族との交流により、生きることの意味について答えを出し生きた証を見出す物語で、手塚の日記を参考に、オリジナルストーリーで脚本化した、日記には登場しないオリジナルのヒロインとの恋愛を主体とする恋愛映画らしく評価も悪くなかったので観てみたわけですが・・・なぁ~んも心に響くものがありませんでした。途中、笑える場面もありましたが、この作品は笑いをとることが目的ではないでしょうし、何が良いのかさっぱりわかりませんでした。恋愛映画としても感動映画としても物足りなく、なんか中途半端な映画だなと。

時間の無駄だったとは思いませんが、もう一度観たいとは思わないですね。

ただ、世間の評価は「良かった」とか「感動した」という話が多いようなので、観る価値はあるのかな。

まぁ~、私の様に何かが欠落している人間には楽しめない映画なのは間違いないかと。

 

ではでは、このへんで。 

hitorigoto2016.hatenadiary.com

hitorigoto2016.hatenadiary.com