プレゼントの思い出?

ク~リスマスが今年もやってくる~。皆さん、こんにちは。

あと2週間ほどでクリスマスですね。クリスマスと言えばプレゼント。今日はプレゼントのお話です。

 

クリスマスだけに限らず誕生日やちょっとした記念日なんかにプレゼントあげたり貰ったりするわけで、皆さんも貰ったこと、あげたことあると思います。当然私もあるわけですが、貰って嬉しいプレゼントとなんだかな~と思えるあまり嬉しくないプレゼントがあるわけです。今から書くことはあくまで私の主観ですから、真に受けないでくださいね。

 

私は形の残るプレゼントがあまり好きではありません。相手が私の為に考えたプレゼントであっても、それが必ずしも私が欲しい物とは限らないわけです。まだ欲しいわけでもないけど使える物なら良いですけど、「これ、いらね」と思える物を貰っても迷惑でしかないわけです。まして身に着けるものだったら最悪です。例えば・・・

 

手編みのセーターとか・・・

手編みのセーターとか・・・

手編みのセーターとか・・・

 

もうね、「お気持ちだけで結構です」とお断りしたい。いやマジで。

そりゃね、私の事を思って時間をかけ苦労して作ってくれたという気持ちはとても嬉しいよ。でもね、隙間多かったり重量自体が重かったり見た目が・・・だったり。戦後間も無い頃のように着れれば何でも良いわって時代じゃないんだからさ。戦後がどんなんだったか知らんけど・・・。まして高校時代なんてちょっとお洒落したいわけよ。見た目大事なのよ。それなのにヘタクソな手編みのセーター?ありえやんわ。

でも、ありえやんと言い着ないわけにもいかないじゃない。着ないと「私のあげたセーター着てくれないの?」なんてのたまうわけだし。はぁ~、うぜぇ~。だからね、「そんなみっともないセーター着れるか」なんて言えない小心者の私は着るわけさ。心の叫びを言葉に出来ない私は、「あなたの作ってくれたセーターは、こんなにみっともないんだよ」と、これ見よがしに着てあげるわけ。まぁ~、そうやって着てあげると自分の作った手編みのセーターの完成度が低いことに気付いてくれるし、「着なくていいよ」とも言ってくれるわけ。そうなったらこちら側の勝利です。着なくていいと認めてくれたわけだしね。

二度と同じ過ちを繰り返させないためにやっぱり着てあげないとね。

ただ、気遣いは必要なわけで、

「俺、そんなの気にしないけど?お前が作ってくれたわけだし」

「え~、でも下手だからみっともないし・・・」

「そうかな~、でも一生懸命作ってくれたんだろ?」

「でも~」

「じゃ~さ、今度マフラーでも作ってよ。長いやつ。2人で巻けるくらいのやつね。マフラーだったらそんなに下手かどうかわかんないじゃん」

「うん、わかった♪」

と、フォローを入れてあげると彼女の機嫌も良くなるし良いこと尽くめなわけよ。

そこっ!「くせぇぇぇぇぇ~」とか言うなぁぁぁぁぁー!

こういうのは少しくさいくらいで丁度良いんだよ!たぶん・・・。

暫くして私の元には長い手編みのマフラーが届いたわけですが、マフラーは少しくらい下手でも分からないからね。

セーターくれるなら市販の物にして欲しいと思いますわ。

てかさ、手編みのセーターとか贈ってくる人って相手のこと考えているんですかね?なんかさ、相手のことより、「こんなに苦労して、あの人のために作ってる私って素敵♪」って感じで自分に酔ってるだけなんじゃないかと無粋なことを考えてしまいますわ。

てな感じで手編みのセーターはNG。私の中では、もらって嬉しくなかったプレゼントNo1です。

逆に嬉しかったプレゼントは抱えきれないほどの花束ですかね。花束って枯れたら気軽に捨てることが出来るし見た目綺麗だし抱えきれないほどの大きな花束なんかはインパクトあって、いつまでも覚えていますからね。素晴らしプレゼントだと思うんですけど、どうですか?

この抱えきれないほどの花束は彼女からではなく、友人達がお金を出し合ってプレゼントしてくれた物ですけどね。あと酒屋の友人はジンジャーエール1ケースをくれたりと私の事を知っている人たちは、私好みのプレゼントをチョイスしてくれてとても嬉しかったなぁ。

私が彼女にプレゼントする物は花束とちょっと良い所で食事するだけで、形に残る物をあげた記憶はないかな。高校時代からそんな感じで、誕生日には年齢の数のバラとそれに合う花でクリスマスにはかすみ草だけの大きな花束をあげていましたわ。形に残る物より心に残るものの方が良いでしょ?

かすみ草ひとつひとつは小さな花ですが、大きな花束にすると予想以上に綺麗なものになりますからオススメなんですが、クリスマスの時期はお値段が上がるのがちょっとね。

 

まぁ、こんな感じのプレゼントの思い出?でしたが、今の私のクリスマスは嫁さんとケーキを食べるだけ。プレゼントとは無縁の生活をしていますわwたったそれだけでも幸せを感じることができるので問題なしです。はい。

 

ではでは、このへんで。