クリスマスケーキ食べました♪

皆さん、メリークリスマス。あっ、そこの人、「クリスマスは明日だよ」なんて言わないように。「メリークリスマス」とは「クリスマスを楽しんでねぇ~♪」みたいな意味らしいのでイブの日でも使ってOKなんですよ。そしてキリスト教の母体となったのはユダヤ教で、使われたユダヤ暦は日没を一日の起点と考えられていますので一日の始まりは日没からなんです。今日12月24日の夕方から12月25日の始まりってことですね。ということは、25日の夜は・・・26日となり、もうクリスマスではないってことです。教会のミサが12月24日の夕方から12月25日の午前中に集中するのも、そういう理由からなんでしょうね。

まぁ、キリスト教徒でもありませんし、細かいことは気にしなくていいでしょうけど。

で、今日、クリスマスケーキを食べましたぁ~♪

あらかじめケーキ屋さんで予約を入れていたのですが、私は仕事だったので嫁さんに取りに行ってもらったのですが、嫁さん曰く・・・

「凄い人で行列できてて凄く待たされたぁ~、寒くて寒くてもう嫌っ」とのことでした^^;

まぁ、人気店だから仕方ないのですがね。

で、嫁さんが苦労して取りに行ったケーキはこちらです。

f:id:nekoyan2016:20161224195942j:plain

なんて名前のケーキか忘れましたけど、うまかった♪

一年間で一番不味いケーキはクリスマスケーキと言われていますけど、甘すぎずとても美味しかったです。嫁さんも、「並んだ甲斐はあった」と言っていたので満足の味だったのでしょうね。

で、食べている最中にふと思ったのですが、なぜクリスマスにケーキを食べるの?って・・・。

ちょっと調べてみたら、クリスマスとはイエス・キリストの誕生を祝う日で、そのイエス・キリストのバースデーケーキがクリスマスケーキの由来と言われているそうです。

あぁ~、誕生日だからケーキって、なんか納得って感じですよね。ただ、クリスマスケーキって、スポンジケーキに生クリーム、イチゴがデコレーションされていて、砂糖菓子のサンタさんや家なんかが飾り付けられたイメージじゃありません?生クリームの白とイチゴの赤、祝い事には紅白が大好きな日本人好みのケーキなんですが、これは不二家マーケティングによるものだそうですよ。

海外では、ブッシュ・ド・ノエルとかシュトーレンとかクリスマス・プディングとかなのに、キリスト教徒が少ない日本では、なんでイチゴの生クリームケーキなの?とちょっと疑問に思っていたのよね。普通だったら、キリスト教徒が多い国から「クリスマスにはこういうケーキを食べるんだよ」と伝わってきていてもおかしくないのにと。伝わってこなかったのには、色々と事情があるのでしょうが・・・。

なんか、不二家マーケティングによるものと思うと、なんだかなぁ~って気になってしまいますね。

 

ぐだぐだと書いてしまいましたが、皆さん、よいクリスマスをお過ごしください。

私は今から・・・

ゲームすっぞ~!

 

ではでは、このへんで。