読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下見って大事だよね

皆さん、こんばんは。夜釣りにおいて下見って大事だなと。まぁ、下見は夜釣りに限った話じゃないですけどね。

明日は金曜日に加え天気が悪いと言うし土日も人が多いだろうとの予想で釣りには行きたくないし月曜日からは潮が悪いので、今日、行ってこようと楠漁港に行ってきたのですが、風が強い・・・。

それも私がいつも竿を出す場所は向い風。ルアー飛ばないし、何処へ飛んで行ったかわかんないしで、下げ潮の良い時間帯だったにもかかわらず30分くらいで帰ってきました。

風上で出来そうな場所はあるのですが、いかんせん行ったことない。それに漁港って船が止まってるからロープとかも張ってあるかもしれないし、そんな障害物にルアー引っ掛けてなくしたくないですからね。真っ暗で目が見えない状態だと不慮の事故なんてのも考えられるし。年取ると妙に慎重になるんよね。まぁ、一人で行っているので慎重になることは良いことなんだけどさ。そんなわけで、今日は断念。

事前に明るいうちに下見でもして、足場や障害物を把握していれば、風上から風下に投げれる場所で釣りを続けられた思うんだけど、やってないしね。良い時間帯ですが、無理は禁物。ちょっとしたことで人なんて簡単に死んじゃいますから。後ろ髪は引かれましたが、私はまだ死にたくないし怪我もしたくないですからね。次の潮の良い平日は来月の10日月曜日かな。それまでシーバス釣りはお休みです。

まだ1匹も釣れていないシーバスですが、次の良い潮周りの時には釣れることを祈るのみです。

ではでは、このへんで。