ハゼ釣り 四日市市楠漁港でハゼ爆釣!サイズは小さいがコツっというアタリが心地良い

皆さん、こんばんは。

今日は夕方、いつもの場所、楠漁港にハゼ釣りに行ってきました。

仕事は昼まで。釣りに行こうか迷いながらweb小説を読んでいたら、そのまま寝てしまい、起きたら16時。あまり釣りする時間はないけど行こうという思いになり行く事に。

楠漁港に着いたのは17時過ぎ。日曜日なのにここ楠漁港は普段よりは多いものの人が少なくて良いね。霞埠頭の土日なんて釣りする場所を探すのがたいへんなくらい混み混みなのに。

f:id:nekoyan2016:20170820215655j:plain

時間もないので、そそくさと仕掛けをセットして餌つけて一投目。

コツコツという少し強いアタリがあったので軽くアワセて巻き上げると・・・

f:id:nekoyan2016:20170820220357j:plain

セイゴとハゼが釣れましたわw

この少し強いアタリはセイゴなんでしょうね。ハゼのアタリはわからず針を飲まれてました。まぁ、セイゴにも飲まれてるんですけどね。

1投目から釣れるとは幸先良いねと思い、2投目。投げて着水したらすぐリールのベールを倒し、カーブフォールで底まで沈め凄くゆっくり巻いてくるとコツっとアタリがあって巻き上げると1匹ゲット。

その後も、投げたら釣れるという爆釣モード。まぁ、ハゼ釣りなんてそんなものなんですけどね。

ただ、アワセが遅くて針を飲まれることも・・・。

 

1匹づつ釣り上げて針を外し餌つけて投げるという作業が面倒になり、針2本付いてるんだけら、ハゼを掛けたあとも、そのままゆっくり巻いて誘いながら巻き上げたら残りの針にも掛かるんじゃね?ってことで、誘いながら巻き上げてくると・・・

f:id:nekoyan2016:20170820221901j:plain

おぉ~、成功です。針も飲まれてないしね。

こんな感じで薄暗くなるまでハゼ釣りを楽しんでましたわ。

ハゼ釣りでは良くあることと思うんですが、糸を海に垂らして釣りをしている時間より、針を外し餌を付ける時間の方が長い・・・。数を釣ろうと思うとちょっとせわしい釣りになりそうです。

家に帰り数を数えたら、ハゼが38匹でセイゴが5匹でした。釣りをしている時間は2時間もありませんでしたが、なかなか楽しい時間が過ごせましたわ。

まだハゼは小さいですが、小さなお子さんでも釣れると思いますので家族で楽しむのも良いかと思います。

 

ハゼ釣りの仕掛け

今回のハゼ釣りの仕掛けは・・・

f:id:nekoyan2016:20170820223351j:plain

この写真が全てです。キス天秤に仕掛けをつけ、距離を飛ばす必要はないのでオモリは2号。

下の写真のようにつけて餌をつけて、軽く投げるだけ。リールと竿はよくセット販売されてる2メートルくらいの安物です。

私はちょい投げでハゼ釣りをしましたが、延べ竿でも十分釣れると思います。

f:id:nekoyan2016:20170820223815j:plain

 

ハゼ釣りの餌

ハゼ釣りの餌ですが、前回は石ゴカイを使いましたが、今回は青イソメ(小)。

釣りをする時間も短いので、1杯ではなくハーフ。半分でも餌が残りましたので、使い切ろうと思うと、もう少し長い時間釣りすることになるかと。

今日はハゼの活性が良かったのか、餌の垂らしはほんの少しで良かったので、餌がなかなか減りませんでした。釣れた後、ボロボロになった餌をそのまま使っても釣れたし・・・。

 

最後に

なかなか楽しいハゼ釣りでしたが、家に帰ってハゼを捌くのが面倒でした。

これ、昼から釣りに行ってたらと思うと、ちょっとゾッとします。40匹ほどで面倒なのに・・・。昔、従兄弟と行ったハゼ釣りをを思い出しますわ。

そう思うと、釣りをする時間が短くてよかったのかもね。

シーズン到来で手軽で簡単に釣れるハゼ釣り。家族、友人、恋人と気分転換にオススメですよ。

ではでは。